人間誰でも年をとればそれなりに小汚くなるものですが、加山雄三、この人にはなぜかその法則が通用しないように思います。ただ、あまりに若々しいのでかつら疑惑もありますね。 永遠の若大将として元気にステージに立ち、弾厚作の名前で […]