TBS駒田健吾ナタリーの崩壊でニュース23入りの酒乱アナが抱える治らない病気とは?

komada3

金スマのどっきり企画で酒癖の悪さを全国ネットで公開させられたTBS駒田健吾アナ。主にバラエティ番組やラジオなどで活躍中ですが、3月末からリニューアルするニュース番組『NEWS23』のサブキャスターとして出演することが発表されました。

平日の遅い時間を帯で担当することになった駒田アナですが、治らない病気からくる障害があることをラジオで告白しています。見たところ障害を抱えているようには見えないのですが、一体どんな障害なのでしょう。

【駒田アナの報道番組入りは棚ぼた?】

番組改編に伴ったリニューアル後の『NEWS23』のサブキャスターはもともと後輩の小林悠アナが担当するはずでした。ところが3月に入ってから小林アナが体調不良を理由に番組出演を取りやめることになり、急遽駒田アナのサブキャスター就任が決まったようです。

報道畑はアナウンサーの華ですから、駒田健吾、棚ぼた出世と言えそうです。しかし平日の報道帯番組なので、これまでのようにバラエティで顔を見ることはなくなるかも知れません。

スポンサードリンク

【酒乱で性格悪い?】

駒田健吾アナといえば酒癖の悪さがよく話題になります。酔っ払うと暴言失言の数々がその口から垂れ流しになるそうで。

『金スマ』の中で駒田の酒癖を治そうという名目でドッキリ企画が仕掛けられ、「ベッキーはテレビマン」「大竹しのぶは苦手」「假屋崎省吾は面倒くさい」等の香ばしい発言をしておりました。

こういった発言から駒田は性格悪い!と言われておるわけですが、この人の大口はずっと以前からじゃないかと思っております。

この企画の中で「オレと安住は同レベル」と、先輩の安住アナの名前を出してました。アナウンス界では稀有の天才といわれる安住アナに対してずいぶんな発言ですが、この程度のことは10年くらい前から言っているようです。駒田アナは入社した頃から自分は天才だと思っていて安住アナに対するリスペクトが足りないことは度々指摘されていました。

自分は天才と思う割りに出世しなかったのは、他人に本音を見せたがらない警戒心と(だから酔っ払って本音がだだ漏れになる)遅刻ぐせと先輩アナの指導を素直に聞き入れない頑固な性格が災いしてのことでしょう。

ずいぶん大きな口を叩く若造アナだと思ってましたが、いつしか時は経ち、若造だった駒田アナも四十路であります。結婚も2度もしたいい大人がまだコレを言ってるかと思うとちょっと情ない気もします。

スポンサードリンク

【駒田アナに病気と障害?】

駒田健吾アナは、不定期出演していたTBSラジオ『相談は踊る』で、リスナーの悩み相談に乗る流れの中である障害を抱えていることを告白しました。

komada2

その障害が具体的にどういったものなのかは伏せていましたが、「数年前に(病気を)患って一生治らない障害を持つことになった」「正直、すごい大変」と発言しています。

テレビやラジオに出演している様子を見ていて、どこかに障害を抱えて不自由しているようには見えないですよね。

傍目には分からない障害が出る病気といえばクローン病を思い出します。安倍総理が抱えていることで知られる消化管に次から次に潰瘍が出来る病気です。が、大酒飲んでるところを見ると内臓疾患由来の障害ではないのかも知れません。

アナウンサーの仕事を続ける上で「すごい大変」と感じるとしたら、耳でしょうか。片耳の中途失聴や重症の突発性難聴があると大変そうです。

駒田アナは番組の中で「これは言えないんだけど」とどんな障害かを言いませんでしたから、仕事と出世に直結する可能性のあるものなんじゃないかと思われます。

なんらかの障害を抱えつつ仕事を続けるのは大変だと思いますが、花形部門の報道番組を担当することになった駒田アナ。駒田なかなかやるじゃん!といわれるような仕事をして欲しいですね。

スポンサードリンク

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です