高安毛深くなる一方のハーフ力士は秋元才加と熱愛?角界一の女好きってマジですか?

高安

2016年夏場所から心機一転して淡い水色の締め込みに変えた田子ノ浦部屋の高安。同部屋の大関稀勢の里が綱とりに挑み、それを追いかけるように2度目の三役と番付けを上げてきております。

痛いところがあっても痛いと言わず、インタビュールームでも模範回答みたいな受け答えをする高安には非常に生真面目な印象がありますが、実は女好きという話もあります。熱愛?の噂なんかも立っちゃいましたがホントのところはどうなんでしょうか。

スポンサードリンク

【高安のクマ化が止まりません】

高安が十両にあがったのは2010年九州場所。舛ノ山とともに平成生まれ初の関取誕生と話題になりました。新十両当時は20歳そこそこだったため、まだ初々しさが残っていたものです。

高安 新十両

この当時から毛深いなとは思っていたのですが、最近場所を追うごとにどんどん毛深くなってきてる気がします。そりゃね、いまや欧米に留まらずアフリカからもお相撲さんが誕生するくらいですから他にも毛深いお相撲さんはいるのですが、高安の毛深さはなぜか気になって仕方がありません。

高安

3年前の春場所はこれくらいでした。20歳過ぎてからどんどん毛深くなる人もいるので、関取になってから成長しているということだとは思いますが。

うちの母は高安が出てくるたびに「この人はいつも背中に砂つけてるみたいに見える」とうるさいのですが、言いたくなるのも無理ないくらい最近は肩毛と背中毛がすごいです。

高安

クマに似ている高安がなぜクマのお絵かきをしているのか謎ですが、この背中は稽古あがりに風呂入ってないのかと思うほどです。高安はどこまで毛深くなってしまうのでしょう。毛深い人って部屋の中が抜け毛だらけになるので、高安の自宅は常時ルンバがうろうろしているんじゃないかと思います(笑)

ところで、胸毛が濃い力士と対戦するとき、相手力士の気持ちとしては頭をつけたときざりざり痛いのであまり好きじゃないというのが本音のようです。高安の胸毛もそういう意味では強みになる…のかな?

スポンサードリンク

【熱愛か女好きか】

高安

元AKB48の秋元才加と仲良さげな2ショットが公開された事で熱愛か?!なんつって言われた高安ですが、秋元才加の母親と高安の母親がともにフィリピン人で友人同士ということで、幼馴染なんだそうです

こうして再会したことで秋元才加は本場所に足を運んだりして仲良くしているようですね。

ただ、ちょっと不思議に思う点もあります。

高安の出身地は茨城県土浦市、秋元才加の出身地は千葉県松戸市です。距離的に見て毎日一緒に遊べるような間柄ではなかったと思われます。

高安は15歳で角界入りしていますが、当時所属していた鳴戸部屋は千葉県松戸市にありました。接点はむしろこっちじゃね?って感じがします。鳴戸部屋は2014年に閉鎖するまで松戸にありましたから、久しぶりに再会した幼馴染というほど久しく会ってないわけでもなさそうな気がします。

ところで、高安実は角界一の女好き説は、部屋の兄弟子の稀勢の里発です。

昨年の年明けに茨城ローカルで高安と稀勢の里両関取(ともに茨城出身)が抱負を語る番組がありました。番組の前半は相撲に関する真面目な話をしていたのですが、後半になって稀勢の里に高安をどう思うかと質問したところ

「高安は女好きじゃない?角界随一じゃない?」

それに対して高安は「やめてくださいよ」と苦笑いだったのですが、案外ただの冗談ではないのかも。

というのも、秋元才加との2ショットで、高安さりげなーく秋元の腰に手を回しています。これって相当仲いいか女性の扱いに慣れてるかのどっちかって感じがします。

takayasu6

高安と秋元のコンビニデートの様子がツイッターに上がってましたが、ここでもさり気に肩に手を置いちゃってる。

この2人、ただの幼馴染かぁ?

わたし的結論は、熱愛も女好きもホント。ま、角界にはアイドル歌手の高田みずえと結婚した元大関若島津の二所ノ関親方もいることだし、別に驚かんよと思います。(ちなみにですが、若島津と高田みずえはとある番組で同じ鹿児島出身同士ということで対談をしていたのですが、その対談が行なわれたときには実は内緒でとっくに付き合っていたので、必死で笑いをこらえながら初対面みたいな顔で収録したそうです)

【追記】

秋場所9日目、秋元才加がゲストとして大相撲中継に出演して高安のことなど話してました。あれは誰が聞いても幼馴染というより嫁か彼女のコメントでしたね。

稀勢の里は「もし自分が女性だったら結婚したいお相撲さんは?」という問いに癒し系でグルメという理由で高安の名を挙げてました。高安と結婚する人はすごく大事にしてもらえそうな気がします。掃除は大変だけどね。

2016年名古屋場所では西の小結まで番付けを上げてきた高安。兄弟子の稀勢の里が綱とりで援護射撃が期待されます。若干脇の甘さが気になりますが、三役定着目指して頑張って欲しいですね。

スポンサードリンク

Latest Comments
  1. かごめ
  2. 通りすがり

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です