豊ノ島が幕下生活長期化でお金に困っている?引退後はタレント転身?再十両の目処は?

豊ノ島

芸達者な人気者の豊ノ島がなかなか関取に戻ってきません。かれこれ1年以上も黒まわしとへにゃへにゃ下がりで土俵に上っています。

再十両を目前にするとなぜかケガをして再び番付けを下げる不運が続いていますが、給料の出ない幕下生活が続いていることでお金がなくて困ってるんじゃないか?と思わずにいられないことがあり心配です。

スポンサードリンク

【2018年春場所の番付けは?】

毎場所、豊ノ島の番付けはどうなってるんだ?と気にかけている方がたくさんいます。もちろん私もその一人です。番付けが発表されると真っ先に豊ノ島の番付けを確認するのですが、今年の春場所は西の幕下35枚目で迎えております。

豊ノ島

ケガの影響もあってか、優勝争いをしていた頃より少しスリムになった印象がありますね。それにしてもこの下がりが悲しい…。

初場所は幕下5枚目まで番付けを上げていたので、ここで5勝すれば再十両がかなり近い!と喜んだのですが場所前にケガをして0勝3敗4休。またかーい!一つの勝ち星が大きくモノを言う7番相撲で一つも勝てなかったとなると…番付けは情け容赦ありません。

幕下陥落以来もっとも低い番付けに甘んじることになってしまいましたが、豊ノ島、頑張っております。本人いわく、「長いことかかって戻ったほうが話題性があるでしょ」

スポンサードリンク

【豊ノ島、もしかしてお金がない?】

幕下は給料がなくお小遣い程度しかもらえません。それは幕下付け出しでデビューした新卒ペーペーだろうが三役経験10回以上のベテランだろうが同じです。

豊ノ島が幕下に落っこちたとき、これだけ人気のある力士だからたくわえはしっかりあるんだろうなんてことを考えました。どうにもならなきゃ引退して親方になる道もすでに用意してあるわけだし。

ところが、これまで豊ノ島は錦島の名跡を取得しているとされていたのですが、この名跡を手放してしまっているようなのです。

錦島の名跡は現在は元朝赤龍が襲名しています。

錦島親方

 

⇒朝赤龍のしみじみする話はこちらの記事

引退した時に年寄名跡の取得が間に合わなかった人は現役力士が取得している名跡を借りて名乗る(借株)こともあります。借株の親方は協会の年寄一覧の下の方に掲載されるのですが元朝赤龍の錦島親方の名前は借株ではない親方衆の名前の中にあります。

このことから、元朝赤龍が襲名した錦島は借株ではないとされています。

今年の誕生日で35歳になる豊ノ島が、なかなか関取に戻れずにいるタイミングで錦島の名跡を手放したとなると…これは本気でお金がないんじゃない?と心配になってしまうのです。

豊ノ島本人は再び大銀杏を結えるように頑張るつもりでいるようですが、年が年だしなぁ…。ただ、豊ノ島のキャラクターであればタレントに転身しても十分やっていけそうではありますが。

大ケガのあとちびちびとケガが重なって稽古不足が否めない豊ノ島。さすがに35枚目まで番付けを下げてしまうと一場所ふた場所では戻れないかも知れませんが、それでもお願い 一日も早く関取に戻って来て~!それまで応援し続けるから~!

【追記】

2018年春場所、豊ノ島は6勝1敗の勝ち越しで終えました。がんばれ豊ノ島!

スポンサードリンク

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です