臥牙丸なんかかわいいサバ読み199kgはたまに号泣、実はイケメン?

ががまる

外国人力士の台頭がめざましい大相撲の世界にあって、ただいま外国人力士の人気No.1と思われる臥牙丸。大きいこと小山の如しとお相撲さんを表現しますが、臥牙丸はまさに幕内最重量の小山のような巨漢力士です。土俵の上では赤鬼みたいな怖い顔をしてますが、おちゃめでお喋りで可愛い!と人気です。実はとってもイケメン?

協会で行なわれる体重測定に長いこと顔を出さず199キロと言い張っていましたが、やっとこさ本当の体重を公表した模様です。なんだってまたサバ読みしていたんでしょう。

スポンサードリンク

【臥牙丸が体重のサバを読んでいたわけ】

永遠の199キロだった臥牙丸ですが、ついに本当の体重を公表しました。

体重、実に215キロだそうです。幕内の平均体重が150~160キロですから、どんだけ重いんだって感じですね。初めて本当の体重を公表した時は確か209キロで、発表されるたびにどんどん重くなっているようです。

とは言え、以前はこれほど大きくはありませんでした。
もっとやせていた頃の臥牙丸は、実はむっちゃイケメンなのであります。

ががまる

ちゃんと体重落とせば こんないい顔してるのにもったいない…。

長く体重のサバ読みをしていたので、「臥牙丸 意外に乙女!」と言われてましたが、なぜサバを読んでいたのでしょう。

理由として考えられるのは、臥牙丸が所属している木瀬部屋の親方の指導方針があると思われます。木瀬親方は「稽古もプライベートも本人の自主性に任せる」という、よく言えば弟子を信じる、悪く言えばやや放任なところがあります。

相撲は力比べなので、体重が重ければ有利な反面、その体重が仇になって膝を壊しやすいため、下半身に比べて上半身が大きい力士は特に体重管理を厳しくしておかないとケガにつながり、それが相撲生命に関わってきます。

ところが木瀬部屋の力士衆は体重管理も自分でやっていかなくてはならないため、甘いものもお酒も大好きな臥牙丸にはなかなかそれが出来てないのでしょう。余り太りすぎると他の部屋の親方衆などからも「やせろ!」と言われてしまいますから、体重測定に顔を出さずに199キロだと言い張ることでごまかしているのではないかと。

スポンサードリンク

【臥牙丸がかわいい!】

2005年の11月場所で初土俵を踏んだ臥牙丸、今年で来日丸10年になります。相撲は野球やサッカーと違って入門したら日本語で生活しなくちゃならない世界ですから、ジョージア(旧グルジア)人の臥牙丸もすっかり日本語が上手になりました。

本場所の支度部屋には、取り組みが終わった直後のお相撲さんに一言コメントをもらうため支度部屋リポートのアナウンサーがいるのですが、時天空に負けてしまったときにコメントを求められて

「だって相手(時天空)上手いじゃん 引くしかないじゃん」 思わず笑ってしまった。

臥牙丸はモンゴル出身の玉鷲が苦手でなぜかなかなか勝てないのですが、2013年の11月場所で例によって負けてしまったときにくやし涙を流しながら

「なんで玉鷲はオレにだけ勝つの?!」

2015年11月場所でもまた玉鷲に負けてしまい、支度部屋リポートのアナウンサーが声をかけようと思ったのですが、「ふぁっ!!!」と大声を上げたあとたぶんグルジア語と思われる言葉でなにかわめいて風呂場の壁をどんどん殴っていて、とても声がかけられる状況ではなかったとか。

gagamaru2

2015年5月場所の対横綱日馬富士戦で初金星を挙げたとき、インタビュールームで「めっちゃ嬉しいです!」と2分近く喋りまくりました。

これが一番かわいい!!

あんまりかわいいので彼女がいるのか気になるところですが、本人いわく

「この身体じゃ彼女なんかできない(涙)」

だそうです。確かにこのサイズじゃね… まぁ、女子目線では160キロも213キロも「でっかい男フォルダ」に入れられることに変わりはないとは思うけど。

臥牙丸は7年前に警察官だった父親を交通事故で亡くし、母親は腎臓を患って人工透析を受けています。日本で治療を受けさせたいのですが、病状が芳しくなくて来日できないのだとか。

そのおかあさんと夜電話で話すときが一番幸せと語る親孝行な臥牙丸には、ケガをせずに長く相撲をとって欲しいですね。

スポンサードリンク

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です