稀勢の里は悲願の初優勝を手にするために謎の微笑を封印して新たな技を手に入れた

稀勢の里

昨年、3場所も続いた優勝が絶対条件の綱とりという半端ないプレッシャーに負けてとうとう横綱昇進を振り出しに戻した大関稀勢の里。綱とりが消滅した途端に集まる記者の数が激減したと苦笑いしてましたが、明けて初場所は余計なプレッシャーがないのか中日まで持病の取りこぼしが出ることなく全勝をキープしています。

綱とり場所の頃は控えにいるときになんとも摩訶不思議な微笑を浮かべていましたが、今場所はあの微笑が姿を消して新たなリラックス法を見つけたようです。果たして稀勢の里は今場所の千秋楽に賜杯を抱くことができるでしょうか。
(追記あり)

スポンサードリンク

【稀勢の里は新しい技を手に入れた ぱっぱらー】

メンタルが豆腐で絶対落とせない一番の前はまばたきが多くなってたいてい負けると言われていた稀勢の里が、昨年はまばたきをしなくなった代わりに口元にうっすら笑みを浮かべるようになったことが話題になりました。

稀勢の里

この画像はまだ「まし」なほうで、時には無理やり口角を上げようとしてるのか怖いわっ!と言いたくなる奇妙な表情になったりしてましたね。

この表情について稀勢の里はすっとぼけていましたから、たぶん緊張をほぐすためのものだろうと推測されていたのですが、星勘定では相当頑張ったものの優勝できずに綱とり失敗。初場所は頑張って微笑むのをやめてしまった模様です。

が、新たな稀勢の里が土俵に上がってきました。

その名も「めんどくさそうな稀勢の里」

土俵に向けた闘志を表に出さずに、ゆら~っと土俵に上って「なんか どーでもいい…」と思ってるような顔つきをしています。勝ち名乗りを上げた後も「だる…」と吹き出しをつけたいような、なんともめんどくさそうな表情なのです。

このだるそーな雰囲気でいつものようにまた取りこぼしよったぁ!という相撲を取るようだと本気でやる気ないんじゃないか?と思ってしまうところですが、大方の相撲は磐石です。中日の隠岐の海戦は引いたところを押し込まれて、いつもだったら十中八九星を落としていたであろう内容だったにも関わらず辛くも土俵際の突き落としで全勝を守りました。

スポンサードリンク

【悲願の初優勝の可能性は?】

初顔相手では無双だった白鵬が結びの一番で初顔の荒鷲に負けて、稀勢の里は全勝で折り返し単独トップであります。

日馬富士はももを傷めて途中休場、鶴竜も3連敗を喫し、他の大関もカド番なのにぐだぐだの琴奨菊に相変わらず膝が痛くてすでに4敗の照ノ富士、場所前に腰を痛めて万全とはいえない豪栄道と、上位の難敵は白鵬だけのように見えます。

kisenosato15

このまま番付け通りに割が組まれれば、白鵬とは13日目に当ることになりそうですが、星勘定によっては14日目に白鵬と当って相星決戦という見せ場を作ることになるかも知れません。

今場所稀勢の里が優勝すれば、故郷の茨城県牛久ではあのでっかい大仏の後ろに花火が上るでしょうし、勝ち星の数によっては横綱推挙の話も出てくるでしょう。

中日までの相撲を見ればこの先も大丈夫そうに思えますが、そうは言っても稀勢の里です。目の前まで来ていた賜杯がするりと逃げてしまったのを何度も見せられてきました。

単独トップに立ったことで再び自身に向けられる期待をめんどくさそうエクササイズ(?)で乗り切ることが出来るでしょうか。

稀勢の里ファンのみなさん、ハギワラくんに期待しないで上げてください(笑)

【優勝したら結婚?】

「今は相撲が彼女です」といかにもお相撲さんらしいことを言っていた稀勢の里ですが、実際は完全フリーではなく同棲中の彼女がちゃんといるそうです。ロングヘアのすンごい美人らしいですよ。

今場所は琴勇輝が元旦に入籍したことと碧山がすでに結婚していたことが発表されましたが、稀勢の里も30歳になったことだしそろそろ…と思いますね。

ただ、ずっと後一歩のところが続いているので、妙に真面目なハギワラくんのことですから初優勝を機に結婚するつもりなのかも知れません。

とにかく。

稀勢の里の初優勝、ゆる~く、横目でちらちら見るようにそーっとそーっと願っております。

【追記】 

大相撲14日目、稀勢の里の優勝が決まりました!おめでとーハギワラくんっ!
支度部屋に集まった記者団に何を聞かれてもほとんど聞こえない声で一言ふたことコメントしていた稀勢の里、最後に我慢しきれず流した涙にぐっときました(涙)このシーンを思い出すだけで来場所まで毎日うまい酒が飲めそうです。

スポンサードリンク

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です