稀勢の里なぜ優勝はして欲しいけど綱とりは失敗希望のファンが多い?

稀勢の里 お相撲

稀勢の里

2016年名古屋場所、稀勢の里は先場所に引き続いて綱とり場所となっております。

これまで何度綱とりを迎えては失敗してきたやらと思いますが、春場所あたりから土俵下の稀勢の里の様子が違うことが話題になりました。なんと言ってもまばたきしない!なにやら謎の微笑みまで浮かべている!落ち着き払った態度に今度こそ念願の横綱昇進か?!と大いに期待されています。

しかし、一番好きな力士は稀勢の里だけど、横綱になって欲しくないのが本音というファンが意外に多いのです。これは一体どうしたことでしょう。

スポンサードリンク

【横綱昇進の条件は?】

貴乃花が引退したのが2003年1月。それ以来土俵から日本人横綱が消えました。かれこれ10年以上も日本人横綱が不在です。

日本人ってことにこだわりすぎだよ!という批判もありますが、元旭天鵬が優勝した時に「もしモンゴル相撲のブフで日本人が優勝したら誰もブフを見なくなると思う」と言っていたように、その国に古くから伝わるものはその国で生まれ育った人に頂点を極めてほしいのが率直な国民感情だと思います。

横綱

※これは稀勢の里の師匠の故鳴戸親方(隆の里)です

久しぶりの日本人横綱誕生に期待がかかる2016年名古屋場所、稀勢の里に課せられた横綱昇進の条件は「優勝すること」が必須で「3横綱を全員倒した上で14勝以上」と語る親方もありなかなかに高いハードルです。

横綱昇進の基本条件は大関でふた場所連続優勝かそれに準ずる成績を挙げることですが、心技体すべてに充実し横綱たり得る力量を有すると認められるのが本筋なので、単に星勘定だけでははかれないところがあります。まだ一度も優勝したことがない稀勢の里には「とにかく優勝。話はそれから」という条件つきのようです。

相撲界には一度も優勝しないまま横綱に昇進したもののあれやこれやの騒ぎを起こした挙句に失踪・引退してしまった双羽黒という黒歴史がありますから、横綱昇進に優勝は標準装備なんでしょうね。

スポンサードリンク

【昇進条件、辛くない?】

稀勢の里がクリアしなければならない昇進条件のうち、優勝はともかくとして3横綱全員倒した上で14勝以上はなんだかんだ言っても白鵬やっぱり強えぇ!という現状ではそうとう厳しいものに思えます。

日本人横綱の誕生を心待ちにしてるならもうちょっとゆるくしてもいいんじゃない?と思いたいところですが、基準を甘くするとモンゴル人横綱3人から「ほら やっぱり差別して日本人をひいきしてる!」と文句が出かねません。

名古屋場所の稀勢の里は誰が見ても文句のつけようのない強さでもって14勝以上の優勝が至上命令なのであります。

【優勝させたし されど…】

メンタルが豆腐で土俵下でやたらまばたきをしているときは高確率で負けると言われてきた稀勢の里。綱とりの声が聞こえだしてからまばたきをしなくなり、明鏡止水の心境なのか不思議な笑みを浮かべたりするようになりました。

kisenosato9

貴乃花が常に如来さんのような穏やかな表情をしていたのを思い出しますが、無駄に緊張せずに土俵に上がることを心がけているようです。

大関に昇進してから4年あまり、もうそろそろ優勝して欲しい。というか、優勝させたい!稀勢の里ファンなら誰しも願ってます。

しかし、横綱にはなって欲しくないと思っているファンもまた多いです

お相撲大好きエッセイストの能町みね子さんがこんなことを言ってました。『優勝争いに絡まない稀勢の里は強い』ホントそう。まったくそうなのです。でも、横綱になったらそれじゃダメなんです。

ここふた場所ほど自身に向けられるプレッシャーを上手にやり過ごしているように見えますが、それが稀勢の里の普通の姿だとは今まで何度も期待しては裏切られてきたファンは思っておりません。どこで崩れるかハラハラもんです。

横綱は毎場所勝って当たり前の地位です。千秋楽に横綱同士の全勝相星決定戦が見られたら最高!ところが横綱になった稀勢の里がプレッシャーに負けてまばたきしまくってここで負けるか?!の稀勢の里に戻って二桁勝つのがやっとこさになってしまったら、土俵人生を縮めることになりかねません。

というか、多くの稀勢の里ファンがそうなってしまうと思っています。

元大関魁皇があんなに長く相撲を取れたのは何度かあった綱とりに失敗して大関のままだったからです。稀勢の里ファンとしては、あっぷあっぷしている稀勢の里は見たくない!割と優勝に絡んで時々かき回してくれる稀勢の里を長く見ていたいというのが本音なのです。

場所前の稀勢の里は綱とりにむけて静かな闘志を燃やしております。場所前に30歳の誕生日を迎えますから、年齢的にこれが最後の綱とりになるかも知れません。2011年に急逝した師匠の墓前に最高の報告をさせてやりたいとも思います。しかし…ファンは非常に複雑な心境で名古屋場所の開幕を待っているのです。

【追記】

稀勢の里、2017年初場所で悲願の初優勝です!おめでとー!

横審の守屋委員長は「千秋楽に白鵬に勝てば文句なしで推挙」、八角理事長も千秋楽が終わってから考えると言ってます。

スポンサードリンク

コメント

  1. さかなやてっちゃん より:

    稀勢の里横綱?おかしいんじゃないの、たった1場所の優勝だよ。
    甘すぎ!

    • でらいら より:

      コメントありがとうございます。
      個人的には今場所の優勝は白鵬が負けたことによるある意味他力本願な優勝ですから
      横綱推挙にもろ手を挙げて賛成できるものではないと思っています。
      どうやら横審は千秋楽を待たずに推挙に向かってノリノリな模様ですが
      千秋楽の相撲内容が悪すぎてあっけなく転がされるようなら
      推挙の話に待ったがかかるかも知れませんね。

  2. ヒロ より:

    希勢の里の横綱昇進は時期尚早の意見がある。横綱が一人しかいない❗
    ちょっと可笑しいんじゃない‼
    たった二回まぐれで優勝まがいで横綱になれる。
    そんなたまたまの弱い横綱だから、休場してるのじゃないかなあ‼
    そんな弱い横綱だから、希勢の里に年間最多勝利を取られたのじゃないの。
    それに比べたら、希勢の里は横綱になって当たり前じゃないの‼

    • でらいら より:

      コメントありがとうございます。
      休場中の優勝まがい横綱は
      本人含めて本音は昇進早まったぁと思ってるんじゃないですかね(苦笑)
      綱とり前2場所が良過ぎたために辛い思いしてるんだと思いますよ。

      私は相撲の神事としての側面も好きなので
      横綱昇進には星勘定より心技体の充実を重視して見てしまいます。
      上位に穴が多い場所だっただけに、全員揃っていたら
      どうだったかなというのが見たかったですね。

      ともあれ 稀勢の里は昇進おめでとうです。