石浦横綱白鵬お気に入りのお相撲さんが熱愛彼女より気になるのはアノ人?

石浦

最近とみに十両の相撲が面白いですが、面白くしてくれている一人として注目されている宮城野部屋の石浦。小兵力士らしいきびきびした相撲で館内を沸かせること多数です。なんか彼女がいるみたいですが。

横綱白鵬の内弟子で付け人をつとめていた時期もありますが、にしても可愛がりすぎじゃない?というほど横綱に気に入られているようです。あの彼が恨めしそうに見てるんだろうなぁ…。

そんな石浦が一番気になっている人とは?

【追記】

千秋楽になんとか勝ち越せた夏場所後に、石浦関が結婚を発表しました。お相手は栃木県出身で保育士の杏子さん(23)です。おめでとー。

isiura8

10月1日に都内のホテルで披露宴を行う予定とのことで、石浦は「子どもをたくさん作りたい」と生産性の高いことを言ってるようです。兄弟子で師匠の白鵬が4児の父ですから、石浦くんにはそれを上回る子沢山になっていただきたい。

スポンサードリンク

【フツーっぽくて女子から熱視線?】

石浦 将勝 1990年1月10日 鳥取生まれ

相撲の名門として名を馳せている鳥取城北高校の出身です。城北高校相撲部の監督は実父の石浦外喜義氏で妹が一人あります。実家は相撲部の寮兼ちゃんこ屋という環境で、城北高校の卒業生でいろいろあって土俵を去った元大関琴光喜は石浦が小さい頃から知ってると言ってました。

石浦は身長173センチ、体重115キロという小さな身体なので、両廻しを取られてしまうとなすすべなく土俵の外に持っていかれてしまうこともありますが、跳んでもぐってかき回す相撲は威勢がよくて見てて楽しいです。力負けしないために筋肉をしっかりつけているので、胸から肩にかけての盛り上がりはなかなかの目の保養です(笑)

小柄なだけにまげがなければフツーのマッチョなお兄ちゃんに見えるところも女子人気に一役買っているようです。以前ラジオを聴いてたら彼氏が相撲取りなのでデートに出かけても目立つのが悩みという投書が読まれてたことがありますが、石浦の場合はキャップかぶってしまえば相撲取りには見えないですよね。

…残念ながら力士は人なかに出る時は着物着用が義務付けなので、Tシャツ短パンにキャップなんて格好で出歩いたらデートであっても協会から厳重注意を受けてしまうのですが。

【白鵬のお気に入りなのはなぜ?】

石浦は2012年12月に横綱白鵬の内弟子として大相撲の世界に入ってきました。入門当時は100キロに満たないほっそい身体でしたし父親の外喜義氏は角界入りに反対だったようですが、白鵬が「私が必ず関取にします」と口説き落として入門が決定したそうです。

2015年の春場所に十両にあがってから一度も幕下に落っこちずにいますから、横綱は立派に約束を果たしたといえるでしょう。

小さい身体ながら精進して関取を維持している石浦はことさらに白鵬に目をかけてもらっている印象があります。そりゃ自分の内弟子ですから可愛いのは分かるけど、序の口時代に相撲雑誌の表紙を横綱と共に飾らせてもらったり、横綱の優勝インタビューの中でわざわざ鳥取出身の石浦と言及してもらったり、優勝パレードで旗持たせてもらったりと白鵬の傍らに石浦が控えていることがやたら多い。

白鵬には他にも内弟子がいるのになんで石浦ばっかり?と思ってしまいますが、理由はこの人かなぁ…。

石浦

石浦のお父さんの外喜義氏。相撲の強豪城北高校相撲部の監督であり、実は校長でもあり、ちゃんこ石浦の経営者という三足のわらじで精力的にお仕事をなさっております。城北高校相撲部にはモンゴル人のコーチがいて、外喜義氏は自らモンゴルに足を運んで有望な子を積極的にスカウトしてきています。

白鵬の内弟子は4人とも城北高校出身。城北高校と白鵬の間に太いパイプが出来てる形です。石浦を可愛がっておけば得にはなっても損になることは絶対ないですよね。

ただ、こうもあからさまに一人だけ可愛がると、一番弟子の山口(元大喜鵬)が妬くだろうなぁ(苦笑)

スポンサードリンク

【石浦の彼女って?気になる人?】

マッチョでかっこいい♪とじわじわ女子人気が高まっている石浦ですが、彼女もちだという情報があります。

石浦

なんでバックパックに入れてるのかよく分かりませんが、愛犬の墨くん。最近飼いはじめたようです。

が、お相撲さんは地方場所と巡業で1ヶ月くらい家を空けるもの。一人暮らしでは犬は飼えんのでは??…と思っていたら、案の定彼女がいるらしく。その方のfacebookは鍵がかかっているので友達じゃないと閲覧できませんが、ヘッダー画像がこのワンコと思われるプードルです。彼女アピールですかね。

ところで、私には身内に石浦と高校の同級生という子がいます。高校時代ももててたのかリサーチしてみました。

「石浦関って高校時代に彼女いたん?」
「オレに彼女おらんかったのに、相撲部におるわけなかろう」

オレに彼女がいなかったのはひとえに実力不足だとは思うけど、考えてみれば一日中相撲部監督がそばにいるんだから彼女なんか作る隙間はなかったかも知れません(苦笑)

そんな石浦ですが、彼女より気になってるらしい人物がいます。尾上部屋の里山です

里山は身長176センチ体重115キロと石浦と同じような体つきの先輩小兵力士で、取り口も良く似ています。石浦は支度部屋が一緒になると明け荷を里山の隣に置いて里山先輩から小兵力士としてのあれこれを勉強しているのだそうです。

石浦―里山

夏場所で里山先輩とあたったときはお互いの頭をつけたまま2分30秒の激しい攻防を見せました。お互いが相手の懐に入ろうとどんどん低くなるので、行司の腰より低いところで相撲をとってました。こんな低いところで相撲とってるのを初めて見たわ(笑)

結局この一番は里山先輩35歳に軍配があがり、石浦26歳はばったり倒れたまましばらく動けないほどでした。里山先輩の方が一枚上手だったようです。確かにくっついていたくなるくらい学ぶところが多そうです。

2016年名古屋場所、石浦は自己最高となる東十両5枚目まで番付けを上げました。新入幕が見えてきてます。もし入幕すれば白鵬の土俵入で露払いを務めるのは確実ですね。

【追記】

九州場所でめでたく新入幕決定です!おめでとー。早速横綱土俵入の露払を務めるみたいです。故郷鳥取では10月31日に祝賀パレードが行われました。

これからも大きなケガをせずに元気いっぱいな相撲を取り続けてくれるよう応援しています。

スポンサードリンク

No Responses

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です