白鵬の一番弟子山口が水原希子似の女性と結婚は世の喪男諸氏の希望の星になるだろうか

山口

宮城野部屋の十両山口が結婚を発表しました。お相手は名古屋出身の1歳年下の女性で、交際1年半の末のゴールインであります。おめでとー!後ろのお手洗いの張り紙に意味はないのよ 山口くん。

ただ、大変申し訳ないのですが、わたくしこのニュースを目にして思わず「ほぁっ?!」と大声を上げてしまいました(苦笑)2015年

スポンサードリンク

【嫁さんは水原希子似?】

2月1日に届けを出したという山口、芸能人がよくやる似顔絵での奥さま紹介をやってました。山口によると水原希子似の美人だそうです。都内ですでに一緒に暮らしているとのこと。

yamaguti4

…水原希子に似てるかどうか、そもそも実物に似てるのかすら分からん。

山口と嫁さんのなれそめは2015年2月に行なわれた元大関琴光喜の断髪式で知り合い、7月の名古屋場所から交際をスタートさせたとのこと。コレはたぶん、白鵬の付け人として断髪式に出席していたんだと思われます。

お相手の女性が名古屋出身とのことですし琴光喜も愛知県の出身(岡崎市)ですのでてっきり遠距離で愛を育んだのかと思いましたが、断髪式は都内のホテルで行なわれたので、出身が名古屋で東京に住んでた女性なんでしょう。

お相手の方は相撲にはあまり興味がない方だと山口はコメントしてましたが、相撲に興味のない人と先輩力士の断髪式でどうやって知り合うんだという謎が残ります。ホテルのスタッフだったとか?

で、昨年の12月25日にひゃくまんえんの指環を贈ってプロポーズし、2月1日に入籍という運びとなりました。お式は今のところ予定しておらず再入幕が叶ったら挙げるつもりで、新婚旅行は夏場所後を予定しているそうです。

スポンサードリンク

【内弟子だからこそ?】

取り的(幕下以下)は大銀杏が結える関取衆と違って毎月給料が支払われるわけではなく、ふた月に1回わずかばかりの場所手当てが支給されるだけです。結婚したくてもとてもできませーん(涙)という取り的さんが多い中で、山口がお相手の女性と知り合ったのは三段目の頃。

十両に上れば毎月そこらのサラリーマン諸氏の何倍もの給料を手にすることができますが、山口が再び十両に上ったのは昨年の九州場所ですから、クリスマスにひゃくまんえんの指環を用意したってことは11月ぶんの給料をほぼ全部指環につぎ込んだってことですか??

交際し始めてから一度も負け越さず、バセドゥ氏病で力が出ないときにも支えてもらって克服した山口にとって、お相手の女性は勝利の女神さまだと思いますが、結婚にこぎつけるまでには白鵬があれこれと面倒見てたんじゃないかなという気がします。

【喪男の星になり得るか】

山口はおしゃべり好きの楽しいメンズですが、イケメンカテゴリに入れる気にはなれません。もし自分の息子が山口そっくりだったら早々に孫は諦めます。←ものすごい失礼なことを言っている

しかし彼はこうして結婚しました~と報告している。それもお金はないし成績はふるわないしでどん底味わっている時に知り合って。

どうせ自分なんか…と卑下して出会いを遠ざけてしまわなければ、いつか女神さまと出会うチャンスがめぐってくるってことなんでしょう。

山口がこの先負け越し知らずで再入幕できる日はいつなのか。相撲っぷりを見る限り大勝ちはちとキビシイかも知れませんが、晴れて再入幕してお式を挙げられる日が早く来るといいですね。(その時まで内弟子2号の石浦が幕内にいれば、白鵬の太刀持ちと露払を内弟子で固めたい夢を叶えて恩返しになりますし)

スポンサードリンク

 

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です