琴奨菊中日を前に5敗を喫する不調の理由は?昨年初場所は夢を見てたの?

琴奨菊

中日までにママには似てない御岳海が2横綱2大関に黒星をつける大活躍をし、連覇がかかる横綱鶴竜があろうことか3連敗を喫していつもの困り顔を披露している初場所、カド番を迎えている大関琴奨菊が絶不調の5敗目です。一体どうしたことでしょう。昨年の初場所の優勝は一体なんだったの?(追記あり)

スポンサードリンク

【場所前から調子悪かった?】

琴奨菊のカド番は今回で7回目です。今まではなんとかかいくぐって大関の地位を守ってきましたが、今場所ばかりはかなり危機的な状況になってきました。

昨年末に行なわれた稽古総見では、琴奨菊は「膝に違和感がある」とのことで鶴竜、豪栄道、稀勢の里相手に全敗とイマイチ元気がありませんでした。ただ、稽古総見で精彩を欠いても本場所はウソみたいに大暴れする力士も少なくなかったりします。

今場所の琴奨菊は稽古総見の時から両膝にサポーターをがっちりつけた姿で土俵にに臨んでいますが、どうも足が出てないことが多く、引かれてばったりが目立ちます。これはよほど悪いのか。なんかもう、見てられません(涙)

琴奨菊

本人曰く「負の連鎖」とのことですが、具体的に膝が言うことを聞かないとか言うのと違って、こういうふわっとした理由だと突破口をどうやって見つけるんでしょう。

【やる気が空回り?】

2015年の夏に結婚した琴奨菊ですが、現在嫁さんの佑未夫人は妊娠6ヶ月を過ぎて大きなお腹をしているそうです。待望の第一子は今年4月に誕生予定で、琴奨菊としては大関の地位のままで出産を待ちたい気持ちが強いでしょう。

今場所を乗り切ればたとえ3月場所でまた負け越しても大関として出産に立ち会えますから(立ち会うつもりがあるかどうかは分かりませんが)、何が何でも今場所は勝ち越さなきゃなりません。そんなこともあって、変に力みすぎているのかも知れんと思ったりします。

スポンサードリンク

【陥落したら部屋の恥?】

今場所を負け越して関脇に陥落してしまうと、ここ数場所の琴奨菊の成績を見る限り10勝以上あげて大関に復帰するのはかなり難しそうに思えます。

所属している佐渡ヶ嶽部屋は平成に入ってから琴光喜、琴欧洲、それに琴奨菊と3人の大関を輩出していますが、琴光喜は野球賭博問題で解雇され、膝が常に痛かった琴欧洲はとうとう大関を陥落してしまって引退時は関脇でした。これで琴奨菊まで陥落してしまうと、佐渡ヶ嶽部屋は大関に昇進してもまともな形で終えられないというジンクスが生まれかねません。

それってイヤだわー。

昨年初場所に14勝1敗という見事な成績で優勝した琴奨菊が、たったの1年であっぷあっぷしているのを見ていると、あの優勝は日本中が幻を見てたんじゃないかって気がしてきます。

横綱大関戦を前に5敗もしてしまってカド番脱出が相当厳しい状況に追い込まれてしまった琴奨菊。場所が終わったとき、果たしてどうなっているのか、指の間から恐る恐る見る感じです。

【追記】

琴奨菊、12日目の結び前に玉鷲戦でなすすべなく押し出されてついに大関陥落です。こんなに悲しい負け残りってあるでしょうか(涙)

ここまで調子悪いなら9日目に稀勢の里に黒星つけてやらんでもよかったのに…とか言っちゃダメだよね。

スポンサードリンク

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です