小柳改め豊山インテリ力士はどこまで期待に応える?実はチャラ男の女たらし?

小柳

突き押し相撲で入門以来負け越し知らずの時津風部屋の小柳が新入幕を機に四股名を豊山に改名しました。恵まれた体格と押しのパワーの強さで早くから注目されてましたが、伝統ある四股名をもらったことで期待の大きさが伺えます。

春場所でやっとこさ小さなまげが結えたスピード出世のためなのか、どことなく角界のイケメン番長遠藤に雰囲気が似てるな~と思っておりますが、素顔はチャラいとの噂も。

スポンサードリンク

【意外にインテリ?】

豊山亮太 1993年9月22日 新潟県出身の23歳、伸び盛りです。本名は小柳亮太。この前まで本名のままで土俵に上ってました。「小柳」と見ると読みは「こやなぎ」かと思っちゃいますが、新潟では「小柳」で「おやなぎ」と読ませる苗字が多いそうです。

大卒力士多いですが、豊山も東京農大出身です。大学で取る必要があったため、中学の技術と理科、高校の理科の教員免許を持っています。角界入りしてなければ、今頃どこかの学校の理科室で教鞭をとっていたかも知れませんね。

主要な国内タイトルは持っていませんが、全日本相撲選手権大会でベスト8に入ったことで2015年に新設されたばかりの三段目付出し資格の適用第一号として三段目最下位格付出しで2016年春場所にデビューしました。以来負け越し知らずで入門から8場所目で新入幕を果たす出世ぶりです。

スポンサードリンク

【時津風部屋の期待の星】

今回小柳が改名した豊山は、所属の時津風部屋伝統の四股名で、今回で3代目となります。初代の豊山は最高位が東の大関で協会理事長も務めた13代時津風親方、2代豊山は小結まで番付けを上げ、引退後は湊部屋を創設しました。

こういう由緒のある四股名をもらうのは期待されてる証拠でもあります。部屋には大関取りが期待されている2歳年上の先輩 正代なんかもいますが、小柳は初代豊山と同郷ということもあって豊山をありがたく頂戴することになったようです。

さて、3代豊山はどれほどの活躍をしてくれるでしょうか。

このところの時津風部屋は豊ノ島の幕下転落だとか時天空の急逝など気持ちの落ちることが続いていましたから、小柳の豊山改名ではずみをつけたいところですね。

【女たらしってマジですか?】

豊山はとびきりのイケメンってわけではありませんが、割といい顔をしていると思います。個人的には遠藤+隠岐の海÷2の雰囲気があるよなと思っているのですが。

ただ、某巨大掲示板での評判は必ずしも芳しくありません。特定の彼女がいるかどうかは不明ですが、割とほいほいファンの女の子といい感じになったりしているのに案外財布の紐が固くてがっかりだったという人もいるという噂です。

まあ、この雰囲気ならもてるでしょうから、お相手には事欠かんだろうとは思いますが、お相撲全体として女子人気がめっちゃ上ってる時ですから、お相撲さんのイメージを失墜させないためにもチャラ男であってほしくはないのですが。

5月場所で新入幕、これで大いに暴れることが出来ればさらに注目が集まると思います。元大関の魁皇や千代大海の相撲を参考にしていいところを盗みながら上っていきたいと抱負を語っていた元小柳の豊山。

その名に恥じない活躍が期待されます。

スポンサードリンク

 

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です