孤独死の平幹二朗の結婚生活と離婚前の浮気相手が衝撃的過ぎる

平幹二朗

演劇界の重鎮として長年にわたって活躍してきた俳優の平幹二朗が亡くなりました。82歳でした。息子はイケメン俳優として人気上昇中の平岳大です。

30年くらい前に離婚してから再婚はせず、亡くなったときは一人暮らしだったようですが、離婚の際に噂された浮気相手は想像のはるか上をいく人物でした。

スポンサードリンク

【平幹二朗はなぜ亡くなった?】

今年5月に亡くなった演出家の蜷川幸雄とは親友だったという平幹二朗は、まるで後を追いかけるように10月23日に突然亡くなってしまいました。

最近はテレビドラマでもよく見かけていたので高齢なのに元気だなぁと思っていたのですが、出演中のドラマ『カインとアベル』のスタッフが連絡が取れないことを心配して家族に連絡したところ、駆けつけた息子の岳大によってお風呂で倒れているのが発見されたとのこと。華やかな芸能の世界に身を置きながら亡くなる時は一人ぼっちだったことに世の無常を感じます。

事件性はないとのことなので病死と思われますが、最近までの精力的な仕事ぶりを思うと心臓発作や脳血管障害など突然の発病だったのではないかと思われます。

【仮面夫婦の離婚】

平幹二朗の結婚は1970年、お相手はドラマで共演した女優の佐久間良子でした。

sakumayosiko2

大スター同士の結婚はたいそう話題になりましたが、夫婦円満だったのは男女の双子(平岳大と妹)が誕生した1974年ごろまでだったようです。

その後夫婦は別居し、1984年に離婚。夫婦仲はとっくに冷えていましたが、ついに離婚だ!となったときに出てきたのは平幹二朗の浮気話でした。

このあたりはよくある話なのですが、このときの浮気相手が劇団員の若い男性だったことで芸能ニュースが花盛りに。

別れた夫婦が揃って出席する摩訶不思議な離婚会見で、芸能記者から本当に浮気相手が男性だったのか?という質問が出ました。平幹二朗はこれを特に否定せずに「それはこの方(佐久間良子)に聞いてください」とすっとぼけて見せ、水を向けられた佐久間良子は実に苦々しい顔をしていたのをうっすら覚えています。

スポンサードリンク

【円満両不倫の夫婦?】

平幹二朗の男色趣味は以前から噂のあることでした。誇り高き大女優の佐久間良子としては「まあ個人の趣味ですから おほほほ」というわけにも行かなかったんでしょう。

離婚後に佐久間良子は自伝本を出版しますが、これがまた赤裸々な内容で、佐久間良子自身も仁侠映画で大スターになった鶴田浩二と不倫をしていたことが明かされます。鶴田浩二で思い出すのはNHK大河の名作『黄金の日日』で演じた風格と気品のただよう千利休ですが、この頃は佐久間良子とずぶずぶ不倫の最中だったんですね…。

平幹二朗の男色趣味についてまではさすがに書かれていませんでしたが、「結婚してみて分かったこともありました」とやんわりと匂わせているところに佐久間良子のムカつきが感じられますね。

離婚後17年経って、別れた夫婦は舞台で共演しました。ただ、私生活での交流はほぼ皆無だったようです。ある時、平幹二朗は海外でばったり佐久間良子と娘に会ったのですが「お久しぶり!お茶でもどう?」と声を掛けたものの、佐久間良子は「結構です!」とにべもなかったとか。

【あんなに元気だったのに…】

hiramikijiro2

平幹二朗は30年ほど前に肺がんを患って肺の1/4を切除する手術を受けていますが、それ以降は健康そのものという感じでした。近所の人も姿勢もいいしリュック背負ってすたすた歩いて元気そうだったと言っています。

齢80を超えて孫ほど年の違う木村文乃の愛人役をやってたりして、年とっても色気あるなぁと思っていたのに。

健康に自信があったが故の一人暮らしだったのでしょうが、こんな寂しい死を迎えることになるなら、北大路欣也のように超高級老人ホームに入居していて欲しかったなと悔やまれます。

平幹二朗のご冥福をお祈りいたします。

スポンサードリンク

 

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です