天風新入幕の笑顔が可愛い200キロ超は親方泣かせのウザいキャラ?

天風

秋場所でめでたく新入幕を果たした尾車部屋の天風。十両の相撲が面白い!と言われ始めた頃からころころ丸い体つきも相まって天風って可愛いよね~♪と注目されていましたが、ついに「相撲のエリート(本人談)」の仲間入りです。

お相撲さん標準装備の食いしん坊とオプション装備のおしゃべり好きの明るい性格はスー女の皆さんからも愛されること間違いなしな感じですが、意外や「天風ウザイ!」という声も。

スポンサードリンク

【親方の名前をいただく】

天風浩一 1991年7月7日 香川県琴平町に生を受けた25歳です。本名は川成健人。風の字がつくことで分かるように嘉風や豪風を兄弟子に持つ尾車部屋の所属です。

3人兄弟の末っ子で小学校時代から柔道をやっていて、中学総体で優勝したことで親方の目に留まり、相撲に興味はなかったようですが尾車親方が自ら足を運んでスカウトしてきました。

本名が川成健人なので2016年7月場所までは天風健人の名前で土俵に上がっていましたが、このたび新入幕ということで師匠の本名の下の名前をもらって天風浩一になりました。

amakaze5

天風は新しい四股名をつけてもらうときに、師匠は『暁風(ときかぜ)』という四股名を考えていたようですが「七夕生まれだし実家の近くに天の川という川が流れているから天の字をつけたい」と希望して天風になったいきさつがあります。

下の名前に師匠の本名をもらうに当っては「恐れ多いけど頑張ります」と殊勝なことを言っていたので、七夕にちなんで牽牛星(彦星)の牽一がいい!なんてことは言わなかった模様です。

【親方、頭を抱える】

昔のお相撲さんはお酒が入らないと「そうっすね」しか言わない、なんて言われたものですが、天風は大変におしゃべり好きなイマドキのお相撲さんです。

角界には豊ノ島や旭日松みたいな芸人さん並にトークが面白いお相撲さんが多くなってきましたが、天風の場合はトークの上手さよりむしろしゃべるのが好きって感じです。…というか、大きな図体をしたお調子者というのが一番しっくりくるかも知れません。

天風はBSフジのお相撲の見所紹介番組『感動!大相撲がっぷり総見』という番組に「食いしん坊力士 天風が行く!』というグルメのコーナーを持たせてもらってましたから、カメラの前でしゃべるのは場慣れしてるんですね。

amakaze3

ただ、師匠としてはとにかくべらべらとしゃべりすぎる天風に、余計なことを言わなけりゃいいがと心配が尽きないようです。「もう、幼稚すぎて心配ですよ」とため息をついてました。確かにお相撲さんはタレントではないので、実力よりも人気が先行してしまうと結局苦労するのは自分自身ですから、今はしゃべくりよりも相撲を磨け!という気持ちなのかも知れません。

尾車親方は現役時代に関脇まで番付けを上げながらケガで幕下まで陥落し、それでも腐らず稽古に精進して4年半大関をつとめた努力の人です。自分が苦労してるから弟子衆には要らん苦労をさせたくないんでしょう。

スポンサードリンク

【可愛いのにウザイ?】

天風は可愛い顔をしていると思います。横顔をみてるとやせたらかなりのイケメンなんだろなと思えます。丸い身体に可愛い顔つきは、かわいー♪と言われるのも無理はないと思います。

amakaze4

化粧回しについているのは地元琴平町のマスコットキャラクターのこんぴーくんですが、この立ち姿のほうがゆるキャラだわと思ってしまう。なんかころころした感じがしますが、実物は182センチ203キロの小山のような姿をしているので、可愛いと思う前に「でかっ!」と思ってしまいますけど。

が、天風ウザイ!という声も聞こえてきます。

天風は積極的にSNSで発信していますが、その内容が 女子かっ!と言いたくなるくらいきらきらきゃぴきゃぴしていて、自撮り画像からボクって可愛いでしょアピール臭がぷんぷんして鼻につくとも見られているのですな。

ま、確かに、天風は自分が可愛いことを分かってるよなと思う節はたくさんある…(苦笑)SNSを見てても、残念ながら真面目で賢そうな雰囲気はないわな。

 

横綱を頂点とする相撲の番付けピラミッドの中で幕内に定着できるのは本当に実力のあるひと握りと言われます。天風がその大きな身体を幕内に定着できるかどうか。これは今後の精進にかかっています。大きな身体を生かした早くて圧力のある相撲を期待しましょう。

スポンサードリンク

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です