北の富士手術を受けた病気は重かった?現在の容態と解説復帰の目処は?

北の富士

毎場所歯に衣着せぬ解説ぶりで大相撲中継に欠かせない人だった元横綱北の富士の北の富士勝昭氏が2017年初場所を病後の療養のために休場していて心配されています。

北の富士さんの病気について長年相撲中継を担当し今も角界とのつながりを持っている元アナウンサーからお話を伺うことができましたが、えっ?思ったより重病じゃないですか!というのが素直な感想でした。

スポンサードリンク

【北の富士さんは緊急手術だった?】

年末に心臓の手術を受けて療養中という北の富士さん。12月30日に放送された『大相撲この1年』には元気に出演していたので、病気療養と聞いてびっくりでした。

和服も洋装も粋に着こなすダンディなおじさまですが年齢は74歳。見た目とは裏腹に意外にお年を召してますから、そろそろガタが来ても不思議はないですね。

元アナウンサー氏が現役の相撲中継アナに連絡をとったところ、北の富士さんにはもともと不整脈があり、12月に入ってから横浜の心臓の名医といわれる先生に診てもらったそうです。

そうしたところが心臓弁膜症を患っていることが判明し、すぐ入院して人工弁を入れることになったんだそうです。

心臓弁膜症は加齢に伴って心臓の弁が硬くなって開閉がうまく行かなくなることも原因の一つとされ、動悸、息切れや不整脈が出ることが多い病気です。北の富士さんもこの頃調子悪いなぁとは思っていたのでしょうが、まさか手術が必要なほど重篤な状態だとは思わなかったでしょうね。

人工弁置換術は多くは開胸して手術が行なわれますが、北の富士さんはそこそこ高齢ですし初場所を休む理由として足が痛いって言ってたように思うので、カテーテル手術だったのではないかと思われます。

スポンサードリンク

【現在の容態は?】

北の富士さんは術後の経過に問題なく、現在は退院して自宅で静養しているとのことです。初場所も解説席に座るつもりでいたようですが、心配する周囲に止められたため大人しくテレビ観戦をしているだろうということでした。

北の富士さんが解説席にいないと舞の海さんが寂しそうです。今場所はお休みですが、来場所は元気に戻ってきてくれそうで一安心といったところでしょうか。

北の湖理事長、千代の富士と相次いで昭和を飾った横綱が亡くなったことで まさか北の富士さんまで?!と心配されましたが大丈夫そうで一安心です。はやくあの笑い声が聞きたいですね。

スポンサードリンク

Latest Comments
  1. よう
    • でらいら
  2. 伏野敏博

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です