元旭天鵬の大島親方断髪式は髪型にびっくり嫁の変わりように二度びっくり

旭天鵬

角界のレジェンド元旭天鵬の大島親方の断髪式が5月29日に両国の国技館で晴れやかに行なわれました。23年の長きに渡って頭に乗っかっていたまげに別れを告げた旭天鵬でしたが、髪を整えて再び現れた姿にちょっとびっくり(笑)

断髪式には嫁さんの恵子さんと3人の子どもたちも出席していました。お相撲さんの嫁は美人の例に漏れず、旭天鵬の嫁さんも美人です。ただ、婚約した頃と比べてずいぶん変わったなぁとまたびっくりしてしまいました。

【追記】
大島親方だった元旭天鵬、移籍先の師匠と名跡交換して友綱親方になり、友綱部屋の師匠になることが決まりました。関取を擁する部屋の師匠にいきなり昇格って、この人どんだけ人望厚いの。

スポンサードリンク

【記憶に残る優勝】

2012年5月場所、旭天鵬は史上最高齢での幕内最高優勝に輝きました。

思い出に残る優勝は数々ありますが、旭天鵬の優勝は2001年5月場所で小泉純一郎首相(当時)が「痛みに耐えてよく頑張った!感動した!」と叫んだ横綱貴乃花の優勝とともに、この先ずっと心に残り続けるんだろうなと思います。

旭天鵬の優勝は、12勝3敗同士で迎えた栃皇山との優勝決定戦で雌雄を決したのですが、栃皇山は前日の取り組みが相手の琴欧洲がケガで休場したための不戦勝(ここで休場するか ふつう?!と思った)。相撲をとらずに白星が一つ転がり込んできた上での優勝決定戦だったので、そんな楽して優勝なんぞさせるわけにいかん!みたいな気分で見てました。

結果、めでたく旭天鵬が優勝したわけで、わたくしは花道で大泣きしながら兄弟子を迎えた旭日松と同じくらいかそれ以上に泣きました。この優勝シーンは何度見ても涙活に役立ちます。

平幕優勝の多くは上位陣がつぶしあった結果の棚ぼたではありますが、旭天鵬の優勝は白鵬1強時代の最中でしたから、単にラッキー♪だけではない引きの強さもあったのだと思います。

【断髪後の髪型が…!】

旭天鵬 断髪式

元旭天鵬は断髪式前のテレビ出演時に、どんな髪型にしたいかを問われてスタジオに一緒にいた元プロ野球選手の森本稀哲、ひちょりさんと同じ頭にしようかなーなんてことを言ってました。

まぁ、スキンヘッドの親方はすでに2人ほどいますから、それはそれで突飛な頭と言うわけではない。土俵下に羽織袴のスキンヘッドが座ってると怖いけど(苦笑)

が、止めバサミを入れた後に再登場した時の姿に少々驚いてしまった。

大島親方

えっ?パーマかけてきたの?!

断髪を終えたばかりの新米親方衆の髪型はお世辞にもおしゃれとは言いがたいことが多く、バラエティ番組の変身企画に持ち込みたいくらい野暮ったい髪型になっちゃうのが普通なのに。

実は、旭天鵬の髪はくるんくるんの天然パーマなんだそうです。

旭天鵬 断髪

まげを結うために長く伸ばして、それを床山さんに結ってもらうのが当たり前だった旭天鵬ですが、これだけの天然パーマを果たして自力でセットできるんでしょうか。わたくしの予想では、持て余して本当にひちょりさんと同じ頭になる日もそう遠くないんじゃないかと思います。

【追記】

名古屋場所で解説を務めている元旭天鵬の髪型はスポーツ刈りと言っていいくらい短くなっております。断髪式から2ヶ月経っておりませんが、案の定持て余して切っちゃった模様です(笑)

スポンサードリンク

【嫁さんは整形したんですか?】

断髪式には2006年に結婚した嫁さんの恵子さんと3人の子どもたちも出席していました。サプライズで長女の柚希ちゃんが手紙を読んでましたが、書かされた感ゼロの子どもらしい素直な気持ちにあふれたすばらしい手紙でした。

旭天鵬一家

奥さん美人~。…でも、こんなに美人だったけ??婚約した時とは顔が違う気がするよ。

旭天鵬

婚約時はキレイなんだけど…って感じ。これはたぶん、髪型がよくないんだな。結婚してから嫁さんも子育てしながら磨きをかけたんでしょう。

この嫁さんは先代の大島親方の娘だといわれているようですが、どうもそれは違うようです。

旭天鵬は引退後も相撲界に残るために先代の大島親方の養子に入る形でモンゴル国籍から日本国籍に帰化しています。それは婚約より前です。婿養子に入ったわけではない。嫁さんの恵子さんは福島県出身とのことですから、先代の親方の娘であれば東京出身になるはずです。(※ 大島親方の養子に入ったわけではなく、師匠への尊敬の念を込めて師匠の本名である太田姓にしたとのことです)

じゃあどうやって知り合ったんだと思いますが、もともとは水商売をなさっていた方だという話もあります。ま、角界と水商売はセットになってるようなものなので、別に驚くことではないですね。

断髪式では、ともにモンゴルから来日して一緒に大島部屋に入門した元旭鷲山も駆けつけ、引退相撲の取組相手として土俵に上がっていました。穏やかで面倒見のいい性格で誰からも愛された旭天鵬。これからは愛される弟子を育てますとの宣言どおりに、二代大島親方として角界を引っ張っていけるお相撲さんをたくさん育て上げて欲しいですね。

スポンサードリンク

Latest Comments
  1. かさ
    • でらいら

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です