元千代の富士の九重親方ががんで死去の衝撃と部屋の後継者は誰?

九重親方

昭和を代表する横綱の一人だった元千代の富士の九重親方が、7月31日の午後4時ごろ入院中の病院でガンのため亡くなりました。享年61歳、早すぎる死に各方面に衝撃が走っています。

国民栄誉賞を角界で初めて受賞し、国民的には絶大な人気を誇るものの相撲協会内では人望的にいまひとつ…との噂もあった九重親方ですが、指導していた九重部屋の今後はどうなるのでしょうか。

スポンサードリンク

【ガンの再発?】

精悍なマスクから『ウルフ』の愛称で人気を博した横綱千代の富士の九重親方は、昨年5月に赤い綱を締めて還暦土俵入を行なったばかりでした。

九重親方

還暦とは思えない男前ぶりとまだまだ締まったからだつきでしたが、その年の9月にすい臓がんが見つかり手術を受けています。

すい臓がんは見つけにくい上に症状が出にくく、見つかったときにはかなり進行していることも多いとされ、手術後3年以内の転移・再発が多いやっかいながんです。九重親方は手術後にテレビ出演していたときには「もう大丈夫です」と言っていたのですが、残念なことに再発してしまったようですね。

ついこの前相撲中継の正面解説席に座っていたような気がするのに…(涙)

九重親方の葬儀などについては、これ書いてる時点ではまだ発表はありませんが、名古屋場所が終わって巡業が始まっているので、協会葬は巡業後の8月末以降になるのかも知れません。

【追記】

九重親方の通夜は8月6日午後6時から、葬儀は7日正午からと発表されました。場所は東京都墨田区にある九重部屋兼自宅です。

スポンサードリンク

【九重部屋はどうなる?】

現役の部屋持ち親方の死去は、残された部屋の力士たちがどうなるのかが気になります。

九重部屋には千代鳳・千代丸兄弟をはじめとした十両以上の関取が6人、幕下以下7人の13人の力士衆が所属しています。現在、部屋付の親方として元大関千代大海の佐ノ山親方が所属していますから、九重の名跡を佐ノ山親方が襲名することになるのではと見られています。

佐ノ山親方

ただ、現在の九重部屋はなくなった九重親方の自宅を兼ねています。佐ノ山親方が跡目を継ぐとなれば相撲部屋では親方と弟子衆が寝食を共にするのが通例ですから(貴乃花親方が部屋を興したばかりの頃に通いだったことがかなり非難されたことがある)、いずれ新たに相撲部屋を建てることになるかも知れません。

理事長の八角親方は亡くなった九重親方の弟弟子にあたります。八角部屋に引き取る形も考えられなくはないですが(その八角部屋としては力士衆が増えてありがたい)、九重親方とは折り合いが悪かったといわれますから、もし八角部屋に吸収する形をとったら、乗っ取りだと悪く言われそうですね(苦笑)

あんなに元気そうだったのに、あっと言う間に逝ってしまった九重親方は部屋の将来について本格的に考える時間があったかどうか。

肩の関節の欠陥からくる脱臼くせを筋肉の鎧で補強して無双の強さを誇った横綱時代に比べて、引退後は黒い交際疑惑や次期理事長候補と見られながらまさかの理事落選などトラブルも多かった九重親方。ご冥福をお祈りいたします。

スポンサードリンク

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です